サックス02

エッセンシャルオイルには様々なブレンド方法があり、その方法によってまた新たな香り、そして新たな効果効能を生みだすこともあります。
例えばローズウッドですが、「ウッド」という名の通り、樹木の香りがします。
樹木の香りの中にも、フローラルな爽やかさがありますから、その爽やかさをさらに強調するという意味で、ローズマリーやジャスミンなどと合わせるとよいでしょう。
そもそもローズウッドは刺激が少なく穏やかな気分にしてくれる香りですから、ローズマリーなどのはっきりとした香りで多少刺激をプラスするのもよいのではないでしょうか。
スパイシーな刺激と言えばシナモンも代表的です。
シナモンはよく珈琲やココアなどの香り付けとして用いられますが、これも立派なエッセンシャルオイルに変身します。
普段用いられることの多いのは、様々な香りと相性がよく、合わせやすいという特性がある事も要因でしょう。
何か刺激が足りない、もう1つスパイスが欲しいという時には、シナモンを使ってみるのもよいのではないでしょうか。
また、単体で使用すると不思議なことに穏やかな香りを放ちますから、その時の気分によっては単体で使用してみるのもよいかもしれません。