お肌への効果効能について

| 未分類 |

ハープ
秋から冬にかけて気温や湿度が低下すると気になるのがお肌の乾燥です。寒くなると血行や代謝が滞りやすくなり、その結果お肌が乾燥してしまうのです。従って、寒さによる肌の乾燥を防ぐには、肌の血行促進のためのマッサージが効果的です。
肌を優しくマッサージをすることによって冷えた肌が温まり、また血行不良で凝り固まった肌が透明感を増して明るくなり、血色が良くなります。マッサージにはクリームを使うことによって、より多く肌に潤いを与え、保湿効果もより一層効果が期待できます。
さらに、マッサージのあとに蒸しタオルなどで肌を包み込むのも肌に潤いを与えるのに効果的です。水で濡らしたタオルを電子レンジで30秒温めると簡単に蒸しタオルができます。
入浴などで全身を温めることも、肌のうるおい促進の効果があります。なるべくシャワーだけで済まさずに、ゆっくりと湯船につかるのが、体を芯から温もる効果があり、うるおい促進に効果的になります。
肌を温めることにより、お肌に潤いを取り戻して肌荒れ、くすみを防ぐことができ、ハリを取り戻すこともできます。
乾燥知らずの肌づくりのために、毎日欠かさずマッサージを心がけて、肌の体力維持をし続けるにしましょう。